日本が抱えている介護問題|磁気媒体を用いない

原則である

ウーマン

伝送提出の義務化の可能性

各都道府県の国民健康保険団体連合会への介護報酬請求書の提出については、現状では伝送または磁気媒体による提出が原則となっています。都道府県によっては裁量によって紙媒体での提出が認められているものの、全体的な傾向としてデータによる提出が義務化される傾向にあります。 エコへの意識の高まりと情報化によるネットワーク網が発達する現代社会においてはこの提出方法も徐々に伝送に一本化される可能性があります。磁気媒体や紙媒体は提出後にいずれは廃棄物となってしまうことになるからです。作業の効率化の面からも近い将来の介護保険制度の改正によって、国保連への書類の提出が伝送によるものが原則とされ、最終的には義務化されると予想されます。

ISDN回線が必要なシステム

情報化社会の潮流によって伝送請求を行う傾向が強まっているものの、それを実際に行おうとする場合には注意点があります。近年ではどの事業所でもインターネット回線が敷かれているのが一般的になりました。光回線、ケーブルテレビ、ADSL回線などの高速回線が利用されているのが通常ですが、これでは伝送による提出を行うことができません。ISDN回線が必要となるのです。 このシステムはセキュリティー面への考慮から生まれたものであり、今後も続くと予想されます。そのため、介護施設ではISDN回線の導入かあるいは民間の伝送システムを利用するという選択を迫られている状況があります。いずれかの方法により将来に備えることが必要になっているのです。

PICK UP

Copyright© 2017 日本が抱えている介護問題|磁気媒体を用いない All Rights Reserved.