日本が抱えている介護問題|磁気媒体を用いない

金銭的な問題

複数の人

介護請求ソフトは国民健康保険連合会に対する保険金請求に関する業務をサポートするために開発されたITソフトウェアです。保険金請求をする際には幾つもの書類を準備しなければならず、その書類の準備にも手間がかかりますが、介護請求ソフトを利用するとシステム上で情報を入力すれば書類を自動的に作成できるため、介護保険に関する知識がそれほど無い介護スタッフでも対応できるのが魅力です。また、あまり知られてはいませんが介護請求ソフトの販売業者の中には、サポートセンターを設置してソフト利用者の相談サービスを無料で提供している業者もいます。こうしたサポートセンターでは常駐の介護事務管理士が利用者のサポートを行っており、疑問点や不明点の解決を行ってくれるので便利です。

介護請求ソフトは、初期費用は無料とする一方で月額使用料をチャージするという料金体系を採用している販売会社が多いです。ソフト販売会社の中には顧客獲得のために、利用開始後一定期間は月額使用料を無料にするキャンペーンを展開している所もあるので、こうしたキャンペーンを上手く活用するとコストを抑える事が可能です。また月額使用料はソフトを利用する人の人数(アクセス権限数)によって変動するケースが多く、ソフトを利用する介護スタッフが多いと料金が上がるケースが多いです。ソフトを全員が同時に使うという事はまず無いので、使用ニーズに応じてアクセス権限数を調節する事により、全体のソフト使用料を抑える事ができるのでお得です。

PICK UP

Copyright© 2017 日本が抱えている介護問題|磁気媒体を用いない All Rights Reserved.