日本が抱えている介護問題|磁気媒体を用いない

負担を減らす為

車いすを押す人

介護請求ソフトの費用について

介護請求ソフトの主目的は今まで大変だった作業を誰でも簡単にスピーディーに行えるようになることです。そして介護請求ソフトを導入することにより業務の効率化が図られます。介護請求ソフトはCDなどを利用したパッケージ型とインターネットを利用したASP型があります。最近ではセキュリティ技術の向上によりインターネットを介しての情報漏えいのリスクは低くなってきています。機能や価格についてはソフトメーカーによって多岐にわたっています。パッケージ型のソフトは高機能となっていて中・大規模事業所向け、ASP型は機能を絞り込み小規模事業所向けという傾向があります。ただしパッケージ型でも機能を絞りこんで低価格になっているもの、ASP型でも高機能なものもあります。

介護保険請求のソフトの主な機能について

介護請求ソフトには煩雑な保険請求業務の機能だけでなくさまざまな機能が搭載されています。ケアマネージャーがケアプランを作成及び管理する機能は要介護者の状態の把握と分析を行い、それに基づいたプラン作成などが行えます。在宅や施設でのサービス事業者において、いつ・誰が・どのようなサービスを利用したかなどの予定と実績を作成・管理するための機能もあります。在宅サービスの訪問介護施設ではヘルパーのスケジュール管理や勤怠管理や更には給与計算機能が搭載されているソフトもあります。保険請求に関連する機能についても介護保険の国保連合会への請求や保険給付及び請求管理機能などがあります。上記の機能は一般的に搭載されているソフトが多数ですが中には搭載されていないものもあります。

PICK UP

Copyright© 2017 日本が抱えている介護問題|磁気媒体を用いない All Rights Reserved.