日本が抱えている介護問題|磁気媒体を用いない

雰囲気を良くしよう

シニア

職場の雰囲気を決める大切な介護服

介護サービスは高齢者の方に安心して介助を受けてもらう事が必要となります。声掛けや態度も重要ですが、身なりも気にしなければいけません。基本的に介助する側より、介助される側の方が目の上になります。経験豊富な相手ですので職員を見る目もしっかりとされています。そんな高齢者の方達に安心して介助を任せてもらえるよう、業務中に身に付ける介護服の内容に配慮しましょう。サービス事業所の中には、きちんと介護服をユニフォームとして提供するところもあります。そういった所は形や色合いなどがしっかりしています。しかし、貸し出しや指定の無い事業所の場合は、個人だけが気を付けるのでなく、事業所もきちんとした介護服を選んで身に付けるように配慮しなければいけません。

通販できちんとした仕事着を選ぶ。

介護服を選ぶ際には通販サイトを検索する事をお勧めします。介護だけでなく医療職の仕事着が一緒になって掲載されているサイトが多いですが、互いに対人援助を基本とした業務内容なので、形や色合いを参考にすると良いでしょう。自分のイメージに合ったものが決まれば、通販サイトを巡り、サイズや価格を調べて購入する介護服を決めましょう。注意するのは色合いは黒色や灰色等、相手が暗くなるようなものは控えた方がいいでしょう。加えて、介護の仕事は汚れる事も多い業種ですので、白色も避けた方が良いでしょう。通販サイトでは大量購入も容易ですので、同じ職場の職員同士で同様の介護服を揃える時も便利です。職場にユニフォーム等がなければ、自分達で揃える事で団結力も増すでしょう。お年寄りだけでなく、職場の雰囲気も改善できる介護服探しに通販さいとを是非利用してください。

PICK UP

Copyright© 2017 日本が抱えている介護問題|磁気媒体を用いない All Rights Reserved.