日本が抱えている介護問題|磁気媒体を用いない

管理問題

レディとシニア

何故、開発されたのだろう

介護支援ソフトとは、例えばケアマネージャーに対して販売されています。ケアマネージャーは、ケアプランを作成します。また、利用者さんの入所・退所を管理したり、アセスメントを作成したりします。それらの作業には、大変な労力を要します。 介護支援ソフトは、上記の労力を軽減させます。利用者に提供する食事や軽食を記入する利用提供票や伝送請求にも有効です。介護支援ソフトは、ケアマネージャーの業務を、軽減させる為に開発されたソフトです。その様に、設計されています。 ある介護支援ソフトは、5年間で10倍以上の介護施設や事業所等で利用されるようになりました。介護職員が不足すればする程に、ケアマネージャーが介護業務に駆り出される事態が生じるので、今後も需要が伸びる可能性はあります。

介護支援ソフトの、今後の需要

介護の対象となるサービスには、様々なものがあります。居宅や訪問や通所、サービスの事業所等です。 通所サービスでは、デイサービスに於いて活用されています。レクリエーションの素材等です。 サービスの事業所に於いては、利用者さんの1割負担分を入金する為の機能。集金を、口座振替で実施出来ます。請求機能と自動的に連携されて入力されます。情報を入力する手間を、省けます。 訪問等では、チラシの作成を簡略化できます。勿論、質はとっても素敵です。 居宅に関しては、サービス事業所から送信された提供票の情報等を、インターネットで送信したり、共用出来ます。 上記からわかる様に、元々はケアマネージャーの業務を軽減させる為に開発されたソフトが、現在は様々な介護サービスの現場で、活用されています。今後も、この傾向が続行しそうです。

PICK UP

Copyright© 2017 日本が抱えている介護問題|磁気媒体を用いない All Rights Reserved.